失敗したくないカーテンのサイズ選び!カーテンサイズの基本を徹底解説!

新しい家に住む場合や住宅を購入した場合そして古くなったカーテンを取り替える場合には、新しいカーテンを購入することになります。
カーテンを購入する場合には、デザインや素材にこだわる人も少なくありません。
確かにデザインも重要です。
そして素材のこだわりも満足度と関係してくるため重要と言えるでしょう。
ですがそれ以上に重要なのは、サイズになります。
このサイズのこだわりがなければ後で後悔することになりかねません。

サイズを間違えてしまうと一体どのようなことが起こり得るのか、理解しておくべきです。
また、実際にサイズを測る場合どのような計算をしたら良いのかも知っておくと良いです。

なぜサイズがそれほど重要になるのか

カーテンを選ぶ場合にはサイズがとても重要ですが、なぜサイズがそれほど重要になるのか理解しておくと良いです。
まず基本的に、サイズを間違える場合でも必要以上に大きなものを購入してしまうケースもあります。
大きなものを購入した場合、そのまま使い続けることも難しくありません。
よくあるのは、ベランダの窓などにカーテンを付ける場合カーテンが床を引きずるケースです。
大抵の場合、床から20センチ位の高さところに窓がありカーテンは完全に窓を覆う形になるため理想のカーテンの高さは床より10センチ位は高い位置になります。
地面を引きずっている場合には、少し不便ではあるものの折り曲げれば10分です。

これに対して、カーテンが短い場合には対処のしようがありません。
購入したカーテンを伸ばすわけにはいきません。
無理に伸ばそうとすると、やぶけてしまう可能性が高いわけです。
つまり、長い場合には何とかなるとしても、短い場合には対処のしようがありません。
そのため、正確に測定をすることが必要です。
測定をするための基本としては、カーテンレールの幅を測ることです。
カーテンレールの幅の測り方を知ることで、ほぼ確実に間違えないカーテン選びをすることができるでしょう。

カーテンレールの測り方とは

カーテンレールを図る場合のポイントの1つは、レールの端から端を計ると必要以上に幅が広くなってしまう可能性が高いでしょう。
通常窓の横の長さとカーテンレールの長さを比較すると、カーテンレールの方が長くなっているはずです。
住宅の設計にもよりますが、それぞれ横10センチずつぐらいはカーテンレールの方がはみ出した状態になります。
そして、ルールをよく見ると壁に向かってレールを固定する留め金の部分がありますので、この留め金から留め金までの長さを測定することです。
留め金は、一番右側と一番左側の相対を計算していきます。

例えば、レールの1番右側の留め金から1番左の留め金までを測定した場合、1メートル30センチならば1メートル30センチかそれ以上のものを購入することで完全に窓を覆うことができます。
ただ、1メートル30センチの幅の場合には、1メートル30センチのカーテンでは若干隙間から外が見えてしまう可能性があります。
当然外から内側が少しだけ見えてしまうこともあるかもしれません。
この場合には、もう10センチだけ長いものを購入すると良いです。
少なくとも10センチだけ長いものを購入すれば、外から部屋の中を見られることを悪くなると考えて良いでしょう。

縦幅をどのように考えていくか

カーテンのサイズを測定するのは横幅だけではなく、縦幅もあります。
縦幅を間違えて長めにしてしまうと、外から見ても分かりませんが部屋の中から見ると引きずってしまうケースがあるでしょう。
一方で短めにしてしまうと、外から室内が見えてしまうため致命的なミスとなってしまいます。
縦幅の測り方はそれほど難しくありません。
カーテンレールにメジャーを引っ掛けて床下まで測定すれば良いだけです。
ベランダにある大きな窓の場合でも床までの距離を測る必要はありませんが、最低でも床から10センチくらいは離しておけば床を引きずる事はなくなります。

この場合、縦と横のバランスが良いものを選ぶことが必要です。
例えば、横幅の一致するカーテンを販売していても、縦幅が一致していなければオーバーサイズのものになるかあるいは7分丈などになってしまう可能性があります。
種類もたくさんあるため、必ず測定した通りの幅のものを利用すると良いです。
長い場合自分で切る方法もありますが、きれいに切ることができず後になって布が外れる可能性も否定できません。

マンションやアパートあるいは建売住宅の場合には、大抵規格が統一されており、それほど珍しい形をした窓は存在しません。
そのため、縦と横の長さを測定すれば必ずそれに一致するカーテンが存在するものです。

まとめ

賃貸住宅に引っ越した場合や分譲マンションや、建売住宅を手に入れた場合にはカーテンが必要です。
カーテンを購入する前に、サイズをよく確認しておくと良いでしょう。
横幅を図るためには、カーテンレールの端から端までを図るよりも、留め金から留め金の長さを測ってておけば間違いありません。
ただ少し余裕を持たせて実際に測定した時の長さよりも10センチ位長いものを選んでも良いです。

館の測り方は、カーテンレールから地面の高さ10センチ位のところまで測っておくと良いです。
地面につかない場合には、窓のサンの高さよりも10センチ位長いものを購入するとぴったりです。